シンデレラ城に宿泊したマイケル・ジャクソン説は本当?

「夢と魔法の王国・冒険とイマジネーションの海」この徹底したイメージを実現するために、徹底した管理と運営をしている「東京ディズニーリゾート
日本のディズニーリゾートは世界で唯一、独自運営のディズニーパークなんです。

メディアに公開されてない部分が多く、キャストでさえも知らないことが多いこのパーク。自然と都市伝説だって生まれてきます。

ディズニーランドの下は地下通路が張り巡らされているとか、ホーンテッドマンションに本物の幽霊が出るとか、オリエンタルランド公認の黒猫とか・・・
今回はそんな都市伝説の中から「シンデレラ城に宿泊したマイケル・ジャクソン説」をご紹介したいと思います。
eo16

そもそもシンデレラ城に泊まれるのか?

みなさんもご存知のシンデレラ城の高さは51m。その中にあるのは「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」というアトラクションです。
その以前には「シンデレラ城ミステリーツアー」というアトラクションがありましたが、あきらかに使用しているスペースが縮小されています。
もしかして、泊まれるような”特別室”が作られたということでしょうか?(ちなみに、この時期の資料を見てみると「耐震補強工事」の文字があります。)
p1030130

もうひとつのシンデレラ城

東京ディズニーランドのシンデレラ城とそっくりなシンデレラ城が、実はフロリダのディズニーにあります。

それもそのはず―。東京ディズニーランドのシンデレラ城は”フロリダシンデレラ城を複製”して作られたと言われています。

そして、そのシンデレラ城の4階には・・・ディズニーから招待された人のみが宿泊することが許される特別室があるのです!その名も「シンデレラ城 キャッスルスイート
01172e62
その内部が写真や動画でも公開されています。17-18世紀のアンティークの調度品で豪華に飾られ、最大6名までの宿泊が可能なようです。

元々は、ウォルト・ディズニーとその家族がパークを訪問する際に宿泊する部屋として計画されていたのですが、完成前にウォルトが亡くなり、その後は倉庫やコールセンターなどで使われ、2005年のリノベーション工事後に、豪華なスイートルームとして生まれ変わったのだとか。
ディズニーとの関わりがあったマイケルが、この部屋に宿泊した可能性。もしかしたら本当かもしれませんね?


【スポンサードリンク】

合わせて読みたいディズニー雑学♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ