ミラコスタのルームサービスは朝食が最高!

m_DSC_1815
ホテルミラコスタに泊まったら、朝ごはんだってちょっと贅沢したいものですよね?

ミラコスタの朝ごはんといえば、地中海料理レストラン オチェーアノでのブレックファストブッフェ(大人/2990円)か、ロビーラウンジ ベッラヴィスタ・ラウンジでのブレックファストブッフェ(大人/2890円)が有名ですが、朝くらいゆっくりご飯を食べたい方にはルームサービスを頼むという方法があります。

今回はそんなルームサービスの朝食をご案内しますね??
実は、卵料理が食べれると人気があります。

ルームサービスの朝食

朝に頼むことができるルームサービスのメニューは2つです。
img_0

  1. チャオ ¥3,610
  2. ボン・ジョルノ ¥4,120

どちらも朝7:0010:00までで、 オチェーアノやベッラヴィスタ・ラウンジの朝ごはんと同じ時間帯に頼むことができます。

頼み方は、前の日の夜12時までに、部屋においてあるオーダー用紙に希望するメニューや、飲み物、時間を記入して、部屋のドアノブにかけておくだけで大丈夫です。

チャオとボン・ジョルノの違い

チャオとボン・ジョルノの価格差510円でどの辺が違うのか見てみました。
e378f98c

  • メインの卵料理(オムレツやスクランブルエッグなど数種類に、ベーコンやソーセージなど付け合せ選べる)です。
    卵料理の選択肢はボン・ジョルノのほうが多いです。
  • パン(食パン、ミッキーブレッド、クロワッサン)
  • ヨーグルト
  • フレッシュフルーツ(ボン・ジョルノにはメロンが付く)
  • オレンジジュースかアップルジュース、温かい飲み物(カフェラテやコーヒーなど)

まとめると、ボン・ジョルノは①卵料理の選択肢が多くて②メロンがつきます。

ルームサービスのいいところ

ルームサービスを利用したゲストのコメントを見ると「優雅に(ゆっくり)食事ができたことに満足しました」というコメントが多く、値段だけで見ると「ちょっと高いかな」と思うかもしれませんが、それだけの満足感はあると思いますよ?


【スポンサードリンク】

合わせて読みたいディズニー雑学♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ